top of page

オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

絶対抑えたいたった1つのポイント ~成長期の子供に分子栄養学をとりいれるには?!~

こんにちは♪

今日は分子栄養学を実践するには

まず「絶対ここは抑えたい!!」

でも「誰でもできる!」ことを

お伝えしたいと思います(^^♪


前回の記事でお伝えしましたが、

我が家には成長期の子供が3人おります。


成長期…

言葉の通り、どんどん大きくなる。

そして、どんどん行動範囲が広くなる。

なんでも自分でできちゃうし、

お腹が空いたら勝手に食べます。


部活から帰ると甘いお菓子で

お腹が満たされるまで。

塾に行く前には腹ごしらえに菓子パンを。

塾が終わったら友達とコンビニへ。


部屋を見ればそこには

ジュースの空ペットボトルがゴロゴロ。


「小学高学年から中学生の子供なんて

みんなそんなもの。」


この子供たちの食生活がまさしく、


☑ 朝起きれない

☑ 頭痛・腹痛がある

☑ イライラする

☑ めまい・たちくらみがする

☑ でも夕方になると調子がいい


といった起立性調節障害の症状

引き起こしているんです!


この食生活が体に起こしていること、

それは

「血糖値の乱高下」

です。


子供たちが食べているものに

大量に入っているもの、これでもかっ!

ってくらい体に投入しているものは

大量の「砂糖」です。


この大量の「砂糖」

血糖値を急上昇させてしまいます。


血糖値が高すぎると、体にとっては危険!

なので体は血糖値を下げて身を守ります。


ところが下がりすぎてしまう。


この急上昇→急下降

「血糖値の乱高下」

「血糖値スパイク」

などと呼ばれています。


「血糖値が下がって安心!安心!」

ではありません💦


血糖値が下がりすぎると、それは

「エネルギー切れ」

と体は感じます。

ガソリンがない車のようなもの。


このままだと体にとっては危険なので、

血糖値を上げるためのホルモンがでて

血糖値を維持しようと頑張ります。


砂糖たっぷりの甘いものを食べる度に

成長期の未熟な体で

この、


「血糖値の乱高下

   ↓

血糖値の維持のために頑張るホルモン」


が1日に何度も繰り返されます。


これってとっても体にとっては負担💦


この過酷な

「血糖値の乱高下」

「血糖値を維持しようと頑張りすぎ」

を招き、


ホルモンを出す臓器は疲れて働けなくなり、

起立性調節障害と同様の症状を

引き起こしてしまいます。


なので

「絶対ここは抑えたい!!」こと、

それは

「血糖値をコントロールする」

ってこと。


「血糖値をコントロール」

することで、

疲れてしまった臓器を休ませ、

回復させてあげることができます。


なんだか難しく聞こえてしまいそうですが、

大丈夫!

最初にお伝えした通り、

「誰でもできる!」んです♪


まずは

☑ 家に甘いお菓子を置かない

☑ でもお腹がすくので、

  代わりに果物やおむすびなどを常備

☑ ちょこちょこ食べる


我が家ではこの3つのポイントを

実践してみました♪


はじめは、子供たちから

「反感」

「落胆」

「疑問」

のオンパレード。


当たり前ですよね。

今までかご一杯にあったお菓子がなくなり、

そこにあるのは


「するめ」

「アーモンドフィッシュ」

「干し芋」「餅」


あとは冷蔵庫に

「焼きおにぎり」「果物」

「チキン」

「ライスバーガー」などなど。


子供たちから

「食べるものがない」

「お腹が空いた」

「チョコが食べたい」


などの様々な意見(笑)がありましたが、

それには真摯に


「バナナがあるよ、こんな栄養が入っています」

「するめがあるよ、こんな役割があります」

「あなたには今こんな栄養素が必要です」


と、コツコツ伝えていきました。


すると、

「反感」「疑問」「落胆」


「へ~」

「なるほど」

「これって〇〇が入ってるんだよね♪」


といった、興味や関心に変わっていきました。


甘いお菓子を家に置かないようになってから、

半年以上経ちますが、

子供は今でも甘いお菓子は好きです。


友達との付き合いで食べるときもあるし、

おばあちゃん家に行ったら、お菓子がでます。


そこを私は「体に悪いからやめなさい!」

とは言わないようにしています。


子供自身が日ごろの私からの情報で


「何がよくなくて、何をよく食べたらいいのか」

をわかっているので、注意する必要がないのです。


小言は楽しい気分を台無しにしてしまいますしね(^^;


それに、我が家の場合は

毎日の食事の食べ方と食べる物が変わり、

家では甘いお菓子を控えることで、

たまに甘いお菓子を食べたくらいでは

起立性調節障害のような症状はでない、

と確信できるからです。


毎日の食事の積み重ねや食習慣が大切

ってことですよね♪


今日は成長期の子供の起立性調節障害の症状を

「血糖値のコントロール」

をすることで改善された、

我が家のお話でした♪


最後までお読みいただきありがとうございました♪

Comentários


bottom of page