top of page

オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

毎日こつこつミネラル摂取生活を始めよう


みなさまこんにちは。

第9期アドバイザーの福嶋です。


わたしは、第2子妊娠期に分子栄養学を

学び始め、

1歳児と4歳児の2人の子育てに

分子栄養学の知識を活かしています。


下の子は、昨年夏頃に

離乳食を開始しており、

先日1歳の誕生日を迎えました。


4歳の上の子は偏食が激しく、

食事自体に興味がありません。

日々お菓子との付き合い方に

頭を悩ませています。


偏食の4歳のわが子ですが、今現在は目立った

体の不調は見られませんが

子どもが好むお菓子や加工食品ばかり

食べさせていると、この先さまざまな不調

につながる可能性があります。


全てがうまくいっている訳ではありませんが、

将来子どもたちが少しでも快適に生活できる

体作りをしたいと思って今わたしにできることを

地道に取り組んでいます。


子育て中はなにかと大変ですが、

がんばりすぎず、ひと工夫付け加えて

栄養アップを心がけています。



そんなわたしが毎日意識して取り組んでいることは

ミネラルいっぱいの出汁を食事に取り入れることです。



分子栄養学を学ぶ前は、

出汁からミネラルを摂取できるなんて考えは

なかったですし、出汁をとるなんて、

お料理が好きな人がすることで、手間のかかる

ことだと思っていました。


ですので、手軽な顆粒出汁しか

使っていませんでした。


まず、なんでミネラルが

体にとって大事なのか

ミネラルは、わたしたちの

精神状態と深い関係があります。


怒りっぽいお母さん

情緒不安定で癇癪を起こす子ども

それは、本人に問題があるのではなく

栄養不足なのかもしれません。


他にも、皮膚の状態を守ったり

成長期に必要な栄養だったりと

ミネラルはからだの中で様々な働きを

しています。


しかしながら、意識してとらないと

ミネラルは不足してしまいがちです。


特に現代人で不足しやすいミネラルは

亜鉛とマグネシウム


手軽で利用しやすいハムやソーセージなど

加工食品を多用している場合は

特にこれらのマグネシウムが不足している

傾向があります。


加工食品に含まれるリンが体に必要な

ミネラルの吸収を妨げていると言われています。



ここで、ずぼらなわたしでも継続できている

万能ミネラル出汁について紹介します。



まず、手持ちの軽量カップなどに

お水を入れて、そこに煮干しや出汁昆布を

ひたします。


そのまま冷蔵庫に入れて、できれば一晩

置いておくと、翌朝のお味噌汁用の出汁が

出来上がりです。


もちろん朝に仕込んで夜のお味噌汁や煮物に

使用することもできます。


わたしは気が付いた時に用意して冷蔵庫に

常備しています。


なぜ継続できているかというと


簡単なのもありますが、顆粒出汁で作った

お味噌汁とはぜんぜん違う美味しいお味噌汁が

できるからです。


そして、子どもたちの食いつきも違います。

家族みんなが美味しいと言って飲んでくれます。


このお味噌汁が飲みたくて、朝は自然と

和食を用意するようになりました。


白いごはんからは、亜鉛を摂取することが

できます。


偏食の息子は、汁物を好まないので

唯一毎朝食べてくれる卵焼きに出汁を

使っています。


離乳食の赤ちゃんなら、お野菜を茹でるときや

ごはんと一緒に炊いて、お雑炊にもできます。


オートミールおやきに混ぜて、和風おやき

もおすすめです。


ミネラルは毎日ちりつもで、

こつこつとると良いと言われています。


簡単に料理の質が良くなって、健康にも良い

本当に万能出汁。


ぜひやってみてください。



他にも、手軽に使える出汁製品を揃えて

おくと便利です。


わが家で常備している出汁製品ラインナップは


厚削りかつお節

煮干し

出汁昆布


煮干し粉

かつおとまぐろのお魚100%パウダー


です。


上のものは、万能出汁を作る時に

使用することが多いです。


粉末のものは、出汁をとって粉なのでそのまま

取り除かず食べてしまうのもありですし、

ふりかけとしてごはんや、子どもが食べる

おにぎりに混ぜたり野菜やお肉と和えたり

できて使い勝手がよいです。


とにかく混ぜられそうなものには、なんにでも

出汁を混ぜていく。


たいていのものは、出汁なのでまずくは

ならないです。


お魚100%パウダーは、偏食息子も

気に入っており、卵焼きに入れたりすると

今日の卵焼きおいしいね。と言ってくれます。


わたし自身も意識して出汁を食べることで

からだの変化を感じています。


わたしチョコレートが大好きで

バレンタインは年に1度のチョコ祭りといわん

ばかりにチョコレート食べ放題をしていたので

すが、なんと今年はそんなにチョコレートを

食べたいとは思わないのです。


チョコレートの中にはマグネシウムが含まれており、

チョコレートを頻繁に食べたいと思う方は

マグネシウム不足が一因としてあるかもしれない

と言われています。


もう何十年チョコレートばかり食べてきたわたし

にとってこの感覚は初めてでびっくりしています。


他にも、妊娠期から分子栄養学を学んで

ミネラル摂取は意識してきたので

産後の精神状態も第1子の時と比較して

安定しています。


何も知らずに、好きな食事だけをしていた

第1子の産後は、気分が落ち込みやすく

軽い鬱のような症状もあり

産後2年程体調が回復せず、苦しい思いを

しました。


今でも、精神的にしんどくなる事はありますが

その時に、そう言えば最近食事が不摂生

だったな。とか

鉄分補給ができてなかったな。とか

何が原因で体調不良が起こっているのか

推測できるだけでも、少し気持ちが楽になります。


1歳の娘も、お腹の中にいる頃から

意識して栄養補給してきたので

情緒が安定し、いつもよく笑っています。


ということで、みなさんも出汁生活

よければ始めてみてください。


些細なことでも、からだに変化が現れると

うれしいものです。


Comments


bottom of page