top of page

オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

薬が効かない!

こんにちは。

分子栄養学アドバイザーの藤井祥子です。


だんだん寒くなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいですが

みなさん、いかがお過ごしですか?


分子栄養学に出会う前、

私の季節の変わり目の定番は

「口内炎」でした。


口内炎ができたことはありますか?

できた時って

どれくらいの期間で治るでしょうか?


私の感覚では子供は2,3日、

(うらやましい(笑))

大人だと1週間くらい、でしょうか。


1週間で治ったら万歳、

2週間くらいだとそんなもんかな~、

それ以上だと…ツライばかりですね…。


私は口内炎ができやすく、

一度できると1か月近く治りませんでした。

しゃべるのも食べるのもツラく

億劫な日々の始まりでした。


●どうしてできる?口内炎


口内炎の原因はコレ!

とは断定できませんが、

一般的にはこんな感じかな?と思います。


★睡眠不足・栄養不足・疲労・

 ストレスなどによる免疫低下

★口の中を噛むなどで、できる傷・やけど

★ウイルス・細菌感染

★薬の刺激


私の場合、


口の中をうっかり噛んでしまい

小さな口内炎が発生

(ボヤが起こる)


そこの近くをまた噛んでしまい

ふたつ目発生

(隣家に類焼)


それぞれの口内炎が成長して、

一つの超巨大な口内炎になる

(大火事になる)


という2つ目のパターンが多かったように

思います。


不思議と最近は

「口の中を噛む」ということが減ったので

もししたらコレも栄養に関係してるのかも

しれません。


●薬で治したいのに!


口内炎に特効薬はナイと

わかってはいるものの、

少しでも早く治したいので薬を買いに

よくドラッグストアへ行きました。


飲み薬、塗り薬、口内炎用パッチなど

いろいろな種類を試しましたが

当時の私にはどれもイマイチ効かず。


飲み薬は効果を体感できず、

塗り薬は塗った感触が気持ち悪く

パッチを貼ってもすぐにずれてしまう…。


どんな薬を使っても

治らない、良くもならないので

「市販薬は効かないわ~」と思ってました。


当時、頭痛と鼻炎がひどかった私は

頭痛薬と鼻炎薬も常飲してました。


が、副作用は大きいのに

(眠くなったり、食欲不振になったり)

効果はあまり感じられず、

だんだんと薬が強くなっていったり

飲む頻度が高くなったり…。


飲みたくないけど、調子は悪く、

他にどうしていいかもわからず、

また薬を飲む…

という事を繰り返してました。


●薬はどうやって効くの?


飲み薬はどうやって

体に効いてくるのでしょうか?


は血液中にあるアルブミンという

タンパク質とくっつき

体の必要な場所まで運ばれます。

アルブミンは肝臓で作られ、

その後、血液中に分泌されます。


アルブミンは「運搬タンパク」と呼ばれ

色々なモノとくっついて

体のあちこちにくっついたモノを

運ぶ役割があります。

薬もそのひとつなんですね。


そのため、薬の効果を得たい場合には

体に十分なアルブミンがなければ

いけません。


  • 低たんぱく (アルブミンの材料が少ない)

  • 肝臓が弱っている (アルブミンの生成能力が低い)


などの場合、アルブミンが足りないので

薬が効かず、副作用ばかりが出てしまう…

ということになってしまいます。


アルブミンは

他にもカルシウム、亜鉛、銅などのミネラル

脂肪酸、酵素、ホルモンなどと結合し、

体が必要とする場所へ運ぶ役割もあります。


アルブミンが少ないとこれらのものが

運ばれず代謝や免疫の低下などがおこり、

これまた色々な不調の原因と

なってしまいます。


運ぶ役割以外にも、

体の浸透圧の調整もしてくれるので

アルブミンが少ない方は

むくみやすい傾向にあります。

(私は夕方になると足がパンパンでした)


大事ですね~アルブミン。


●薬は体を助けるだけ


そんなわけで低栄養の私が

薬で良くなる事はないし、

そもそも「薬を使えば治る」

という考え方が間違いだったわけです。


薬は体が治る手助けをしてくれますが、

治してくれる訳ではありません。

治す主役は自分の体。


自分の体が整ってなければ

せっかくの薬も、なんの意味もないものに

なってしまうのです。


結局のところ当時の私が口内炎を

治すためにしていたことは


  • いつもより多く寝る

  • 無理をしない (ストレスフリーを心がける)

  • 消化の良いものをこまめに食べる

  • 水分をこまめに摂る


の4つでした。


睡眠不足とストレスは免疫を低下させるので

口内炎を悪化させます。


深夜までテレビみたり、

スマホを触ったりするのをやめ

早めに寝ることで疲れが取れ

結果、ストレスも減る、

という好循環になりました。


テレビやスマホがストレス発散と

思っていたのに、体にとっては

ストレス過多だったんですね。

(無自覚は怖いですね~)


食生活では

普通にご飯を食べるのがつらいので

刺激のある食べ物をはやめて、

一口で食べれるものをメインに。


いつもなら、かぶりつくようなものでも

口に入る大きさにして、

よく噛んで食べるなど

ゆっくりごはんを食べてました。


ゆっくり食べるので

一度にたくさん食べられず

すぐお腹がすくので、また食べて…と

こまめな食事に。


今思うとこれは低血糖対策になっていて

血糖値の乱高下を防いでいました。

これも知らず知らずに

体にかけていたストレスを

取り除いたようです。


また、よく噛む事で消化吸収の助けになっていました。


水分は刺激にならないよう、お茶か水のみ。

朝のコーヒーや昼間の紅茶を

やめてカフェインフリーに。

これも自律神経を整えてストレス軽減になってました。


またストローで飲むので

マグを持ち歩き、こまめに飲むことで

口腔内の渇きがなくなり、細菌の繁殖も

抑えていたのかもしれません。


●まとめ


痛くてツライ口内炎。

見た目にわからないだけに

家族にも理解されにくく、

自分だけがツラいと思っていました。


…が、これも低栄養のなせるワザでした(笑)。

(メンタル弱いのは鉄不足)


食生活に気を付けるようになった今は

口内炎が出来にくくなり、

子供達に「またできたの??」

呆れられることも無くなりました。


  • 規則正しい睡眠を心がける

  • タンパク質を摂る

  • 食べたものを消化させる


など、当たり前のことかもしれませんが

睡眠と食事に気を付けることで

口内炎だけではなく色々な不調が

改善されます。


体調を崩しても普段の食事を

バランスよく食べていれば

お薬の効きも良くなるので

早く元気になるでしょう。


薬やサプリメントは万能薬ではありません。

自分の体を整えてくれる

お手伝いをしてくれるだけ。


こういったものが効かない時は

自分の体の声を聴くチャンスなのかも

しれません。


皆さんが飲んでるサプリやお薬は

ちゃんと効いてますか?

一度、自分の体に聞いてみましょう!


日々の食事で皆さんの毎日が

楽しいものになりますように。


最後までお読みいただきありがとうございました。

Comments


bottom of page