オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

幸せになるための明るい離婚のすすめ方

こんにちは。

認定分子栄養学アドバイザーの中川美喜です。


ステイホームも2年目、

関西は梅雨でジメジメなので

おうち時間がますます増えてしまっています。


私はコロナも雨も関係ない、

元気過ぎる子どもたちを

いかに怒らず、自分も平穏に過ごせるか

どうか知恵を絞る毎日です。


突然ですが皆さん、テレビなどで「コロナ離婚」

という言葉を聞いたことはないでしょうか?


こういう言葉か出現する位、

このステイホームでの生活の変化は、

夫婦関係に摩擦が起きたり、

隠していた気持ちが露呈してしまうのか、

人の心をも変化させていくようです。


今回はこの離婚について分子栄養学的

みていこうかと思います!


え!?栄養で満たされて「幸せな結婚」

とかの記事じゃないの?と

思われるかも知れませんが


2019年の厚生労働省の調査によると

3組に1組の夫婦が離婚している

いうのが現状です。


オーソモレキュラーアカデミーで学んでいくと

わかるのですが栄養不足になると

メンタル面にも大きく影響が出てきてしまうんです。


結婚という関係を卒業することが

珍しくない時代となった今。


質的栄養失調をなくして、皆さんにとって、

これから、どのような選択肢が現れても

自分らしく幸せになるような道を、

選んでいただきたいという思いで綴ります。



何を隠そう私自身が10年ほど前に

離婚しています。

その経験からひも解いてみたいと思います

  • 話し合い

  • 離婚

  • 新しい生活

  • 新しい出会い


〇話し合い


離婚を考えだしたら、兎にも角にも

話し合いが必要となります。


すでに別居していようが、第三者を立てようが、

自分の気持ち、意見、希望を

すべて出さないといけません。


ここにまず時間がかかります。

子どもがいる場合は、もっと年単位で

時間がかかる場合もあると思います。


一人でいても、仕事をしていても、

どこに居ようが考える時間が

増えていきます。


食事は、相手と一緒に住んでいる場合は、

簡単なメニューになり、

外食になったりと、どんどん食事が、

お腹を満たすだけのものとなっていき、

疎かになっていきます。


この辺りで栄養状態が一気に

崩れてしまいやすいと思われます。


また、この時点では、まだ元々の生活、

仕事をしながらの場合が多く、

親や子どもには心配かけたくないという

気持ちもあり、爆弾のような、取扱注意の

悩みを心に抱えながら生活をするわけですから、

ストレスは大きいのです。


食事が後回しなりやすいのは解りますが

しかし、みなさんにはここで食事

見直していただきたい!!


離婚を考えた時点で見直せたらとても

良いのですが、難しい場合は

この話し合いと同時に、

食事の見直しをおすすめします。


この後にも続く話し合い、

新しい生活にはとてもパワーが要ります。


きっとアドレナリンが出ていて、

しばらくは体の不調を感じないと思います。


不調を感じるのは後になるのだと

思いますが、それはとても危険なことです。



この時は精神的にも食事を楽しみと

する事は難しいでしょうが、

冷静な判断をするために、

食事を整えておくと、気持ちも整い、

後々有利、楽になるとでも

捉えていただけると良いかと思います。



私を例とすると、離婚の話し合い中は

とにかく胃が痛く、うどんばかり食べていました。


肉、魚はたまにお惣菜で買う。

朝から晩までコーヒーを飲み、

お腹は空くのでお菓子は食べる。そんな状態でした。


元々の貧血(亜鉛不足も推測される)に

プラスして、タンパク質、ビタミン、

ミネラルすべてにおいて栄養不足で、

血糖の乱高下も起こしていたと推測されます。


これは、簡単に誰にでも起こりうる状態なのかもしれません。


分子栄養学的には鉄、亜鉛不足は

気持ちが落ち込みやすく

鬱のような状態を呈すると考えます。


まさしく当時の私の体調は、

とにかく疲れる、激高しているか号泣している。

アトピー性皮膚炎が悪化していました。


こんな状態で話し合うものですから、

どんどん心身ともに疲れてしまい、

とうとうある日突然、夜逃げみたいに

家出をしてしまいました全て元夫のせいで

自分はこんなにしんどくなった!と

悲劇のヒロインでした。


当時は私は子どもがいませんでしたから、

それでも話は進めていけましたが

子どもがいる人は話し合いが重要ですから、

なかなか逃げたりはできないでしょう。


ただでさえ、感情が嵐のようになる状況で、

冷静に話をするには、

栄養を整えておくことがとても重要なことなんです。




〇離婚

離婚にすすむにはは大きく分けて

4種類あります。

  • 協議離婚  ←全体の9割

  • 調停離婚  ←私

  • 審判離婚

  • 裁判離婚

ほとんどの人は話し合い合意の

協議離婚で、次の生活へ進みます。


調停以上のことをする場合は、

裁判所へ出向き、

書類も多く第三者とも話さないといけません。


裁判所は近くにないことが多いですし

家から出発してから長丁場です。


ここでは相手と会わなくてよい場合が

多いのですが、第三者に説明をすることに

とにかく疲れます。


私は食欲がないのでコーヒーとお菓子で

長丁場をしのいでいました。


タンパク質不足、血糖の乱高下の

繰り返しをしていくことで

もうこの辺りには、疲労が取れない、

慢性疲労。副腎の酷使で副腎疲労へと

仕上がっていたことでしょう。


〇新しい生活

さあ、晴れて離婚が成立しました。

引っ越しをしたり、仕事が変わったりして

新生活の始まりです。


体調はどうでしょうか?

目まぐるしい変化のせいで、緊張が解け

体調を崩す人もいるかもしれませんね。


もしくは、アドレナリンで交感神経優位のまま、

無敵モードでますます仕事に

打ち込む人もいるかもしれません。

私は後者です。


ずっと悲劇のヒロイン&戦闘モードから、

離婚後は晴れ晴れ無敵モードで

仕事をしました。


しかし、栄養不足であると長続きはしません。

私は、その後アトピーがものすごく酷くなり、

被害妄想なような感情に襲われるように

なっていきました。


そして、それはしばらく続きました。


大きな決断をして得た新しい生活も、

体調がよくないと、

楽しさも半減してしまいます。


ここは、心身共に笑顔で迎えていただきたいです。



〇新しい出会い

離婚後しばらく独身を満喫したら

新しい出会いがあるかもしれません!!

ここでも、質的栄養失調には

注意が必要です。


人の習慣、嗜好はなかなか変わらないので、

また同じ傾向での栄養不足に

なっていることがあり得ます。


ということは、また以前のように

イライラしやすかったり、

気分が落ち込みやすかったり、

または依存的になりやすいので

また、似た人と恋愛をしてしまい

同じことを繰り返してしまう

可能性があるのです!


自分にとって、良い相手を冷静に

見つけるためにも、

栄養の過不足を見直すことは

重要ということになります。



いかがでしょうか。

人生の大きな出来事の裏には

不調になる可能性がたくさん潜んでいます。

栄養の過不足を整えることの大切さが

わかっていただけたでしょうか。


私は、結婚、出産、離婚、独立など

人生の岐路に立つとき、その人らしい

判断で新しい道を選んで進めるよう

体調管理の一つとして、

気軽に分子栄養学のカウンセリング

受ける風潮ができたらよいなと思っています。


これを読んでくださっている方で、何かお悩みのある方。


一度、認定アドバイザーに相談してみませんか?


栄養のことだけではなく

人生経験豊富なアドバイザーばかりですので、

きっとお力になれると思います。

たくさんの方が、栄養の過不足を

見直すことで笑顔になれますように。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。