オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

  • 杉山未季

食事が変わると人生が変わる


はじめまして。

オーソモレキュラーアカデミー第3期

分子栄養学アドバイザーの杉山未季です。


2人の娘を育てる母として、

同じく子育て中の方や

これから妊娠、出産を控えた女性、

原因不明の不調を抱える全ての方に

必要な情報をお伝えしていけたらと思います。


1.自身について


まずは、自己紹介をさせていただきます。

3歳半と10ヶ月の2人娘、

同い年の夫と暮らす29歳の主婦です。


夫の転勤を機に公務員を退職しました。

3年半ほど地元を離れて生活し、

先月また地元に戻ってきたところです。


公務員時代は、

福祉・観光・議会に在籍しておりました。


特に観光を担当していた時は、

お祭りの主催や特産品PRでの出張等、

多くの人と関わり、

仕事を任せてもらえることに 

やりがいを感じながら、

ハードスケジュールでも疲れを感じずに

過ごせていた気がします。

(若かったからもあるかも…笑)


風邪もあまりひかないし、

疲れるとか気分が落ち込むとか

あまりそういうこともなく、

健康に過ごしていました。


しかし、妊娠や出産をきっかけに

寝ても疲れがとれない。

ワケもなく泣けてくる。

太りやすい。

等々、たくさんの不調が出てきて、

体調に振り回されるようになりました。


今思えば、長女の出産時から

不調の連鎖は始まっていたのだと思います。


2.分子栄養学に出会うきっかけ


長女を妊娠中は、

そこまでつわりに悩むことは

なかったのですが、

次女の妊娠中は、つわりがひどく

食べられない日も多くありました。


昨年12月に出産はしたものの、

妊娠中も体重があまり増えない、

切迫早産による入院など

問題が多い妊婦生活でした。


産後どんどん悪くなる体調、メンタル。

自分ではどうしようもできず、

子どもの前で声をあげて泣くことも。


自分が自分ではないみたいで、

全くコントロールができませんでした。


里帰り出産だったため、

慣れない2人育児を

夫と共有できず孤独に感じたり、

助けてくれる母親にも当たったり。

なぜ私だけがこんなに辛いの?と

被害妄想のような思考がぐるぐる…


また、次女は常に機嫌が悪く

夜泣きもひどかったので、

1時間おきに起きたり

睡眠不足も続いていました。


朝は長女が保育園に行きたがらず泣く。

正直、地獄でしかなかったです(笑)


そんな日々の中、

唯一の気晴らしであったインスタグラムで

“分子栄養学”

というハッシュタグを見つけました。

初めて聞く言葉でしたが、

なぜかものすごく気になり

調べてみることにしました。


調べているうちに、

これは私に絶対必要なものだと

直感しました。

大袈裟かもしれませんが、

もう”運命”というか

ホントにそんな気がしました。


3.この講座を選んだワケ


もともと勉強は嫌いではなく、

知識欲が爆発してしまうタイプでして、

知りたいと思ったら、

とことんまで突き詰めたくなります。


どこで学ぼうかと考えた時に、

しっかり学びたい!

でも初心者でも理解できるような

敷居が高すぎない講座がいいな…

と考えていました。


いくつかの講座を発見しましたが、

“女性と子供のための分子栄養学”

というワードが今の私にピッタリだと思い、

オーソモレキュラーアカデミー主催の講座を

受講することを即決しました。


インスタグラムで出会った

分子栄養学認定アドバイザーの方に

すぐさま連絡をさせてもらい、

この講座を紹介していただきました。

私の恩人です!!(笑)


オーソモレキュラーアカデミーの講座を

実際に選んで勉強してみて、

大成功だったと思います。


この知識を身に付けることで、

自分だけでなく家族のためにもなるし、

将来娘たちが子どもを授かったら、

伝えてあげてほしい。

絶対に価値のある知識だと思います。


4.分子栄養学を実践して


学びを進めながら、

実際に体調改善に取り組んでいると、

私はこういう理由で

あの体調不良が起こっていたのかと

知ることができました。


まず理由がわかることで、

少なからず不安は解消されます。

理由がわかれば対処法も考えられますから。


講座では、

その具体的な対処法を知り、

その時その時の自分に合う方法を

考えられるようにもなります。


足りない栄養素は何だろう?

今とるべき食事は?

“自分自身を冷静に考察する”

そんな力が身に付くと思います。


しかし私自身、

症例検討会用にと血液検査を受けたところ

結果がかなり悪く、

先生から診察が必要と言われてしまい(笑)、

実際に安藤先生に診てもらいました。


現在も治療中ですが、

ただ次の診察を待つだけでなく、

その間も体調に合わせて

軌道修正をかけることもできます。


これはこの講座を受けたからこそ

得られた財産だと思います。


5.猪突猛進で完璧主義!


私のクセというか性格でもあるのですが、

これをやろう!

と決めたら猪突猛進になってしまいます。

計画性はありません(笑)


この分子栄養学に出会った時も

期待と気合いが先走ってしまい、

自分自身に合った方法か見極めずに

とりあえず取り入れてみよう!と実践。


タンパク質を多めに食べる!

足りてなさそうならプロテインを飲む。

鉄サプリを高濃度でとる。

ビタミンCやBを高濃度でとる。


そんな生活を始めました。


始めて1ヶ月は、

何か調子良い!!と喜びましたが、

それを過ぎたあたりから

以前にも増して体調は悪くなりました。


まだ理解が浅かったので、

これで間違ってるはずないのに…と

ワケがわからず不安でした。


勉強していくうちに、

人それぞれの消化吸収能力があって、

それに見合わない

タンパク質の補給や鉄の補給は、

胃に負担をかけてしまい

さらに腸内も荒らすということを知りました。


まさにその時の私はそれでした。

お腹の調子が良くない日が多く、

食べた後に必ずと言っていいほど

気持ち悪くなっていました。


分子栄養学では、

状態が悪いときは最初ある程度、

高濃度で栄養素を取り込むことによって

効果を期待できることもあります。


しかしそれは、

きちんとデータと体調を見ながらでなければ、

逆効果でもあるということです。


また、健康になるからと言って、

それを全て忠実に行おうとすることは

心の負担になってしまいます。


完璧主義の人は、

オンかオフかみたいな思考になりやすいと

思います。(私も…)


意識して、手を抜くときは抜く。

自分に優しくする。

完璧を目指さない。

ということも体調を改善するためには

大切なことだと感じました。


6.講座を受けての変化


正しい知識があることで、

自分に自信が持てるようになりました。

今までの私は、

何が正解で何が間違いなのか

自分の考えもうまくまとまりませんでした。


でも今は、自分の中にひとつ芯が通ったような

そんな感覚です。


家族にも笑いかけることができるようになりました。

以前の私は、

常にイライラして急に怒って泣いて、

本当にホントに家族に迷惑をかけていました。


夫からは、あの時の私がいかにヤバかったか、

常々言われます(笑)


また、体調の面では

まだまだ改善する部分がありますが、

今日ちょっと体調が悪いのは、

こういう理由でこれが足りないかな?とか

自分で考察できるようになりました。


体調が悪いことに対して

むやみに不安になることが少なくなったので、

前向きに生活できるようにもなりました。


食事を変えることで、

人生が変わるということを

本当に実感しています。


7.これからの目標


現在は勉強を深めることが第一優先ですが、

この知識をアウトプットしていきたいと

考えています。


自分の学びを確かめる意味も

もちろんあるのですが、

やはりこの知識によって救われる人が

たくさんいると思うので、

多くの人に伝えていきたいです。


私にとって、人前で話すことほど

緊張するものはないのですが、

そういったことにもチャレンジして

伝える場を作っていきたいと思っています。


また、このブログという場をお借りして、

文章で伝える技術も磨きたいです!


様々な角度から

分子栄養学を伝えたい!!

知ってほしい!!!


ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします!

オーソモレキュラーアカデミー

札幌市中央区南2条西25丁目1-37内田ビル2階

Tel: 011-676--8983

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © オーソモレキュラーアカデミー All Rights Reserved.