オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

  • 河崎明子

私が作るボーンブロスの作り方は1工程しかない大雑把の極み!

前回の記事からあっという間に時間が

経ってしまい、気が付くと新学期が

始まって2週間経ってしまっっている…

というのび太みたいな生活を送っています。あぁぁ…。。


コロナウイルスの影響で夏休みが

例年より短く、名古屋市は

8月17日から2学期がスタートしました。

この記事を読んでくれている方は

お子さんがいる方も多いと思うのだけど、

やっと夏休みが終わる~!

という方もいれば、明日からまたお弁当作りだ…、

と思う方もいると思います。


当のわたしは両方で、早く登校して

静かな時間が欲しい!

けれど朝早く起きて朝ごはんや

お弁当を作るのが億劫で面倒くさい、

とダメ親全開。

夏休み中は何してたっけ??

と思い出そうとするも、何かをした!

というコレと言った自覚はなく、

とりあえずご飯を作って食べさせて、

お隣さんとBBQしながらプールさせて

花火してビールを飲んで…、、

こう羅列すると意外と例年になく

「夏」を満喫していたことに

今気が付いたけど、毎年お盆休みや

GWとは無縁だから元々ナイものとして認識していたのかもしれない。

お隣さんのお子さんが我が家の次男・

三男と同じ学年で仲良くしてもらって

いることもあり、ピンポーンと

インターホンを押してワ~!遊ぼっ!

と家に来る昭和・平成のTHE小学生な

交友関係を築いていて、

うちの5人とお隣さんの2人、

多いときはさらにご近所の友達2人も

交じって遊んで、10人弱、

もはや託児所みたいにワイワイ遊び、

大人達はご飯やお酒を楽しみながらこちらもワイワイしていました。

そんな大人数でご飯する時に役立つのは

なんといってもお出汁やボーンブロス。


子供の人数が我が家だけでも片手が

埋まってしまうのに、さらにお友達が

大集合して合宿所になっている時は

タンパク質と野菜が摂れるお味噌汁や豚汁に勝るものはない!


プールで冷えた身体に温かいお味噌汁や

スープとおむすびがあれば、もうオッケーでしょう!

あとは勝手にBBQのお肉や焼き鳥をつまみに行くし。

お隣さん(教師)の口癖は、

「生きる力がある奴は、自ら食料にありつく」

を地で行く我が子たち。

ボーンブロスは最近見かける言葉だけど、

なじみのない人にはハードルが高そうに思えるかもしれない。

けれどそんなことは全然なくて、


私が作るボーンブロスの作り方は1工程しかない大雑把の極み!

① 手羽先・手羽元・手羽中をできるだけたくさん買ってくる。個人的には手羽先が好き。


② お鍋に①を入れ、頭2センチくらい(何センチでもいいけど)のお水を入れ、煮込む。ひたすら煮込む。お水が減ったら足して繰り返し煮込む。


③ お水の色が変わってきてお肉が骨から剥がれるくらいになったらできあがり!

スープの色が黄金色になって、骨の色がグレーになっていたらベスト。

お料理上手の方はネギの緑色の部分や

生姜を入れたり、スープを漉したり

しますが、そんなことしなくても美味しいボーンブロスはできます!(断言)

仕上げにお塩で味付けをするときは

アジ〇オとか塩化ナトリウムのお塩は

可能なら控えて天然塩にするとさらに美味しいです。

なぜ塩化ナトリウムのお塩が悪いかは

次の記事にまとめようかと思うので

割愛しますが、私のおすすめのお塩を紹介します。

わじまの海塩



https://shop.wajimanokaien.com/

このお塩は本当にうま味が豊富で

塩っぽさに全くトゲがない。


海水から結晶化するときに体温と

同程度の低温の熱を当てて結晶化

しているので素材になじみやすいのです。


わじまの海塩のミネラルと人の血液のミネラルバランスは、ほぼ一緒だそう。


とにかくまろやかな旨味が際立つお塩。かけ過ぎても塩辛くならない旨味があります。

おむすびはもちろんとっても美味しいし、野菜の塩もみも旨味が豊富です。


かれこれ10年近く買っているこれさえあれば!な逸品。

Amazonでも売っているのでぜひ!

私は特用2キロをいつも買っています。

また他にも私の美味しい手抜きができる

調味料を紹介していこうと思っていますが、

まずはトップバッターにこのお塩をご紹介させていただきました。

オーソモレキュラーアカデミー

札幌市中央区南2条西25丁目1-37内田ビル2階

Tel: 011-676--8983

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © オーソモレキュラーアカデミー All Rights Reserved.