オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

  • 池田涼子

HSPの人におすすめの食生活

こんにちは!

寒さが一段と厳しくなり、朝布団から

出るのがとてもとても辛い時期になりました。

私は運動不足を感じていたので、

しばらく遠ざかっていたウォーキングを

再開しました。


仕事が休みの日、家の近場にある

都市公園の湖の周囲約5キロのコースを

歩きます。


四季折々の姿を見せる景色

(今は紅葉の終わりかけ)や公園で

飼われている鳥たちや野鳥、

オブジェなどを見ながら途中ベンチに座って

ボーッと過ごしたりして自律神経を整えています。


また空港が近いので、飛行機の離着陸を

間近で見れる楽しみもあります。


今日はウォーキングのあと、喫茶店へ移動し

このブログを書いています。


家でじっと過ごすことができないため、喫茶

店や図書館で分子栄養学の勉強をしたり、

ブログを書いたり、基本1人で刺激の少ない休日を過ごします。


そう、私はHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)のようです。


昔から「他の人と違うなぁー」と生きにくさ

のようなものを感じていましたが、当時は

HSPという名前はありませんでした。


名前を知ったのはつい最近のことです。

とあるサイトの無料診断をして、幼少期から

の生きにくさの原因がHSP気質であったことを知りました。


●私の場合のHSP気質

私の場合、ごく一例ですがこんな気質を持っています。


・娘と過ごす時間も大好きだけど、1日の中

 で一人の時間が必ずないと息が詰まる


・人と会う約束をしていても、その日が近づ

 くにつれ面倒になってくる


・友だちと一緒に過ごしても3時間が限度


・グループLINEやグループセッションで発言

 できない


・集団の中にいると、独りでいるか、空気と

 化するか、愛想笑いしている


・テレビの音が苦手(無音が好き)

 →なので我が家にはテレビがありません。


・色々なことに興味関心を持ち、あちこち手

 を出すが、すぐに飽きてしまう


・家でじっとしてられず、外に出たがりだけ

 ど、周りに迷惑をかけていないか気になり

 神経を張り詰めるため結構疲れる


・物事を頭の中であれこれ深く考えすぎると

 前へ踏み出せない


・人の顔色を常に伺い、表情や口調、その時

 の機嫌によって行動が左右される


生まれながらに繊細で傷つきやすいと言われ

るHSPは、病気や障害ではありません。

あくまでも気質です。


また生育環境も大きく影響を受け、

5人に1人、生きつらさを抱えている方が

おられるそうです。


●分子栄養学的側面から考えるHSPの気質

しかし、分子栄養学的側面から考えると、

HSPの気質の要因に、母親の妊娠前の

栄養状態や妊娠中の栄養状態も

関係しているのではないかと私は思っています。


私の母は低血圧(上の血圧が80あれば良い

ほう)で、指で皮膚を強くを押しただけで内

出血をし、朝は起きれず、冷え性、いつも疲

れてヒステリックでイライラしていました。


いわゆる質的栄養失調であり、話を聞く限り

妊娠前からあったのではないかと思います。


そして副腎疲労甲状腺機能にも何らか

問題を抱えていたと思います。


その母から生まれた私なので、当然私も生ま

れながらにして質的栄養失調を受け継ぎ、潜

在的に甲状腺機能の低下副腎疲労があったと思います。


生育環境も決して良いとは言えぬところです。


そしてHSPの身体は常に過緊張状態のため、

身体のホルモンバランスが崩れ、さまざまな

症状(いつも疲れている・不眠・やる気がな

い・集中力がない・イライラ・不安など)に

悩まされるようになります。


残念なことに、これらの症状だけを見て、

うつ病と間違われて診断されることもあります。


私のように、誤診によって薬を飲み続ける

人を一人でも多く減らしたいという思いがあります。


そのため症状だけ聞いて、素人判断で

安易にメンタルクリニックなどを受診したり、

勧めるのはうーん、、と首をかしげてしまいます。


●消化力を整えましょう!

安藤先生は講義で「どの病気も発端は

消化力がないことと胆汁不足から始まる」と言われていました。


私たちの身体は食べたものから出来ています。

消化・吸収できる身体でなければ、どんなに

身体に良い栄養を摂っても身になりません。


もったいないですね。


なので

まずは消化力を整えましょう!


酸っぱいものを食前につまむと胃酸が出やす

くなります。また苦い食べ物や杜仲茶は胆汁

の流れをよくします。

(叶姉妹は食前にレモン水を飲んで消化を整

えるそうです)


●そして食事を整えましょう!

私たちの身体は主にタンパク質から作られます。

3食、主食+肉や魚など動物性タンパク質を摂りましょう。


特にボーンブロススープはおすすめです!

このスープに勝る食材があれば教えてほしい

くらい有能食材です。

我が家はこのスープで味噌汁を作っています。


そして、HSPの方や、ストレスを抱えている

方に一番控えていただきたい食材があります。


それはカフェインです。

カフェインは交感神経を刺激してしまう作用

があるため、過緊張状態のHSPはさらに刺激

してしまいます。


●あとはしっかり寝ることです!

早寝早起きで自律神経は整い、

そして朝日を浴びることで体内時計は

リセットされ、幸せホルモン(セロトニン)の

原料となるメラトニンが作られます。


私のように月の半分は夜勤という生活を送ら

れているHSPさんは特に夜勤明けにしっかり

寝れるようにサングラスをかけて刺激を抑え

たり、部屋のカーテンを閉めるなどの環境を

整えてください。


いかがでしたでしょうか?

「これって本に書いてあることじゃん」

「親や保健の先生が言ってた」

と思う方がいらっしゃると思います。



その通りです。

しかし、ライフスタイルの変化とともに、こ

の基本的な食事ができていない人が

増えているのが現状です。



こちらの記事が、微力ながらでも生きにくさ

を抱えておられるHSPさん、ストレスを抱え

ておられる方への生活のヒントとなれば幸いです。



最後まで読んでいただきありがとうございました。