和川 範子
認定分子栄養学アドバイザー(第1期)

トータルセラピスト 陽紫雅淑 として活動

イベント企画・ビジネスツール制作
子育て支援・高齢者福祉見守り活動
ホームページはこちらです→

特別講座 おなかは心の鏡

日時:2020年10月24日(土)13時~14時半

参加費:無料

 

※4期の受講生、アカデミー会員の方は、無料でご視聴いただけます。
どうぞ奮ってご参加いただけますようお願い申し上げます。

会場:Zoom会場(お申し込みは会員ページ出席登録からお願いします)
※ZoomのURLは、登録された方のみにお知らせいたします。

 

講座タイトル:おなかは心の鏡

 

内容:●心ってなに?誕生日で分析
   ●心の動きとインナーチャイルド
   ●カウンセリングや介護で地雷を踏まないために

サプリメントやプロティンありきの栄養学ではないと言う事が勉強になりました。

Q.分子栄養学を勉強しようと思ったきっかけは何ですか?

A.長女が中学生の時に突然悪化したアトピー性皮膚炎の治療のために、皮膚科に通っていましたが、免疫抑制剤とステロイドを塗り続けることに疑問をもち、知り合いの栄養士に相談したところ、分子栄養学というワードを知りました。
サプリメントを勧められ、その理由は何なのだろう?本当に必要なのか?分子栄養学とは何だろう? と興味を持ちました。

Q.オーソモレキュラーアカデミー主催の分子栄養学アドバイザー養成講座を受講しようと思った理由を教えてください。

A.アカデミー主催の単発の講座を受けるたびに興味が深まり、自身の活動の中でも、人様の心や体のアプローチをしていく中で栄養という部分は切り離せませんので、しっかりとアドバイスが出来るように深く学びたいと思いました。

Q.オーソモレキュラーアカデミー主催の分子栄養学アドバイザー養成講座を受講した感想を教えてください。

A.とても内容の濃い講座ですが、わかりやすい説明ですので医療用語等を知らなくても理解することが出来ました。

 

当たり前ですが、健康でいると言う事は、きちんと食べること。
生きる事は食べる事。そして、栄養が行き渡る身体を作ることが大切だと言う事。
 
また、私は初めに出会った栄養士は、分子栄養学はサプリメントありきでしたが、決して、サプリメントやプロティンありきの栄養学ではないと言う事が勉強になりました。

Q.認定分子栄養学アドバイザーとしての今の活動、または今後どのようなことに役立てていきたいですか?

A.トータルセラピストとして活動をしていますので、身体が痛くてストレッチを習いに来る人、悩み相談に来る人など、様々な方とお話をさせていただいています。

 

入り口は異なれど、多かれ少なかれ、ご自身が認識していない不調を指摘すると、ほとんどの方が当てはまり、その結果、栄養の話になることが多いのです。

 

また、高齢者宅への訪問もしていますが、『食』の偏りが見受けられ、そうなると身体と心に不調が出ており、ストレッチ指導をしたり、食事のアドバイスをしています。

 

一人でも多く、栄養不足からくる 心・身体の不調を解消できるよう人に寄り添いたいと思っています。