オーソモレキュラーアカデミー

分子栄養学ブログ

セミナー報告や当協会認定の分子栄養学アドバイザーによる分子栄養学ブログをお届けいたします。

低温調理はおすすめです

こんにちは。2期生の菅野ひろみです。 今日は、低温調理器を使った 低温調理についてお話したいと思います。 たんぱく質と熱変性 私達の体は、「たんぱく質の塊」と 言ってもいいぐらい、体のさまざまな パーツ、臓器、酵素や神経伝達物質に いたるまで、ほとんどタンパク質で 出来ていますが、その材料は 他の生命体から頂いたタンパク質です。 ところが、たとえば鶏肉を食べたら、 それがそのままタンパク質として 私たちの体を作るわけではありません。 鶏肉が口に入り、唾液と一緒にかみ砕かれ、 消化管で胃酸や酵素で粉々にされ、 鶏肉のタンパク質の情報が消去されて、 アミノ酸という小さな形で腸から吸収 されて、やっと自分の細胞の中でDNAの 設計図にしたがってタンパク質を作る事ができるのです。 情報の消去と再合成…. 私達の体の中では、 この精巧なプロセスが絶え間なく行われて いるお陰で、生命が維持されているのですね。 そして他の動物や植物によって自分の命が 繋がっていることにも改めて気付かされます。 さて、前置きが長くなりましたが、 料理というのは、口に入る前に、 たんぱく質の情報を熱により変性させて、 食べやすく、消化しやすい形にするという、 これもまた科学の世界だと思います。 たんぱく質は50度位から変性が始まり、 70度を超えると固く縮んで口当たりも 悪くなるのですが、素材ごとにベストな 温度と時間を設定して、じっくりと火を 通して柔らかく美味しいと感じる状態に調理するのが低温調理です。 低温調理のメリット 油を高温に熱した時に発生する細胞毒性物質(アルデヒド)や、糖とタンパク質が結び付くと

自分を大切にする生き方

先週末、東京で行われた第3期の分子栄養学講座が終了しました。 第2期に講座に通い始めた私は、第3期の講座の内容も興味深く、そして何度学んでも新たな発見と、ふに落ちる納得との繰り返しで、繰り返し学んで理解していくことの大切さが身にしみ、実践と並行していくことで少しずつ分子栄養学

8月23日女性と子供の健康のための分子栄養学養成講座in東京ZOOMオンライン セミナー後報告

10:00~12:00 基礎講座5「中高年の健康増進アプローチ」 乱れた食生活や生活習慣をしていても、若さによって無理がきくこともありますが、若い頃の不摂生が中高年によって現れてきます。高齢者の介護になってしまう原因として骨折や認知症というのは特に女性では順位が高く前もって予防をしていく必要があります。 今回は骨粗鬆症対策・認知症対策についてお話しました。 ・骨の代謝 ・骨粗鬆の分子栄養学的アプローチ ・甲状腺機能と骨 ・認知症・アルツハイマー病 ・アルツハイマー病の3代環境要因 ・アルツハイマー病の予防対策 13:00~15:00 アドバンス講座6「解毒(デトックス)の基礎と重要性」 ひと昔前とは違い環境要因から知らず知らずに有害金属や農薬などの化学物質、その他の有害のものから曝露されています。もちろん可能な限りそれらのものから曝露されないに越したことはありませんが現代社会ではおそらく不可能です。重要なことは有害なものに曝露されたとき、いかに解毒し排泄していくかです。不調を訴える人の多くが解毒・排泄する能力が落ちています。今回は解毒の基礎とまたその重要性についてお話しました。 ・解毒の代謝3ステップ ・グルタチオン ・水銀検査 ・重金属の排泄 ・胆汁うっ滞改善 ・デトックスプロトコール 15:00~17:00  認定試験 コロナによる感染拡大中のため会場開催はかなわずZOOMにて試験を行いました。 初めての試みでしたが、無事試験を開催することが出来ました。 今日で全行程無事に終了いたしました。 また来期も是非学び続けてください。 15:00から分子栄養学アドバイザーの試験が

分子栄養学でポジティブに自分を見つめる

私が分子栄養学を実践し始めたのは 2019年4月、第三子の妊娠中でした。 それから1年数ヶ月、実践を続けています。 もともと完璧主義なところがあり、 物事をストイックにやりすぎて疲れて しまったり、継続できないことがあったように思います。 イライラを家族にぶつけて自分を 責める日々に悩むことも多かったです。 子供のやることにいちいち口を出し、 見守ることができない自分…。 それに気付かない自分もいました (身支度など子供達に自分でやってもらう前に、私がやっちゃってる!…等)。 きっと、私のように悩む人は沢山いると思います。 程々のところで、上手に諦めたり 「まぁいいか!」と許すことができず、 頑張りすぎていること、疲れていることに気付かない時もあります。 そんな私が分子栄養学を始めて 一番変わったことは、 「考え方に柔軟性ができたこと」だと思います。 それを実感したのは実践して半年経った頃でした。 最初の頃は、 「栄養療法を実践しているのだから、 イライラのコントロールができるように なっているはずだ、元気になっているはずだ」 とポジティブを装っていた感じがありました。 一種のプラセボ効果のような状態だった ので、元々の性格と相まって気分のムラが目立ちました。 栄養療法はある程度時間がかかります。 体の一つ一つの細胞はそんなに簡単に変わりません。 焦ってもどうにもなりません。 本物の栄養療法の効果を得るには、 気長に実践するしかないのだと思います。 …かといって、全くもってイライラ しなくなったわけでも、 家族に当たらなくなったわけでもありません。 イライラしなくなった感じは確

ブログカテゴリー
​アーカイブ
nyumon.png
初心者から学べる分子栄養学基礎講座.png
女性と子供の健康のための分子栄養学基礎講座.png
1.png
1.jpg
1.jpg

オーソモレキュラーアカデミー

札幌市中央区南2条西25丁目1-37内田ビル2階

Tel: 011-676--8983

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © オーソモレキュラーアカデミー All Rights Reserved.